一般財団法人 静岡県建築住宅まちづくりセンター
サイト内検索 powered by Google

確認・検査業務、住宅金融支援機構適合証明業務、住宅性能評価業務、住宅保険、
特殊建築物等の定期報告業務など、住宅その他の建築に関するトータルなサポートを効率よく行います。

申請書ダウンロード
HOME >> 申請書ダウンロード >> SPICA(スピカ)

確認申請書作成支援ソフトSPICA(スピカ)

確認申請書作成支援ソフトSPICA(スピカ)のご案内 当センターでは、申請者様における当センターへの申請業務の利便性を考慮し、確認申請書などを作成するための専用ソフトとして、「確認申請書作成支援ソフト SPICA」を開発いたしました。
当センターをご利用頂く方でしたら、どなたでも無料でお使いいただけます。
下記より無料でダウンロードしていただけます。
メディア申請による確認申請手数料の割引もございますので、是非、SPICAによるメディア申請をご利用ください。

確認申請書作成支援ソフトSPICA(スピカ) 『SPICA』(スピカ)という名称を聞きなれない方も多いと思います。
SPICAとは、夜空に青く輝く星の名前です。
おとめ座の一等星であり、牛飼い座のARKTOUROS(アルクトゥルス)とは夫婦星と呼ばれております。
当センターの基幹システムには、この牛飼い座のARKTOUROSに由来する『ARC』アルクという名称があります。
当センターはお客様のご利用によって支えられている。日々お客様に感謝する心を大切にし、末永くご愛顧いただけることを願い、ARCと連れ添う『SPICA』を、お客様にご利用いただくソフトの愛称として採用致しました。

SPICA(スピカ)ダウンロード
(最新版1.3.9)

UPDATE履歴

■ver1.3.9(2017/03/31)
ver1.3.7の不具合修正版。

■ver1.3.8(2017/03/30)
建築物省エネ法の規制措置施行により改正された、新様式に対応いたしました。
・確認申請書、計画変更確認申請書の様式(第二面)変更。
・軽微な機能修正。
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■ver1.3.7(2016/07/22)
ver1.3.6の不具合修正版。

■ver1.3.6(2016/07/22)
ver1.3.5の修正版。
・確認申請書(計画変更確認申請書)第四面【9】-【ハ】欄
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■ver1.3.5(2016/06/15)
建築基準法施行令の改正(公布・施行:平成28年6月1日)により改正された、新様式に対応いたしました。
・確認申請書、計画変更確認申請書の様式(第四面)変更。
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■ver1.3.4(2016/03/30)
建築基準法施行令の改正(公布・施行:平成28年4月1日)により改正される、新様式に対応いたしました。
・用途の入力値に「義務教育学校」を追加、「中学校又は高等学校」を「中学校、高等学校又は中等教育学校」に変更。
・軽微な不具合の修正
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■ver1.3.3(2015/05/29)
建築基準法施行令の改正(公布・施行:平成27年6月1日)により改正される、新様式に対応いたしました。
・申請書(確認申請(建築物)・計画変更確認申請(建築物)・建築計画概要書)の新様式への対応
・仮使用認定申請書 の作成機能を追加
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■ver1.3.2(2014/07/30)
建築基準法施行令の改正(公布・施行:平成26年7月1日)により改正された、新様式に対応いたしました。
・法改正に伴う様式改正(確認申請書・建築物、建築計画概要書)
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■ver1.3.1(2014/03/31)
建築基準法施行令の改正(公布・施行:平成26年4月1日)により改正される、新様式に対応いたしました。
・申請書(確認申請・中間検査・完了検査・事監理計画届)の新様式への対応 
・合併浄化槽概要書・通知書の名称・認定番号の記載欄の文字数を拡張
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■ver1.3.0(2013/10/30)
新しいOSへの対応、新機能の追加、操作性の改善をいたしました。
・Windows7(64bit版)、Windows8への対応
・浄化槽(概要書・通知書)、シックハウス関連書式の作成機能を追加
・短文登録機能を追加
・連名の場合の建築主・届出者の追加機能を追加
・ご要望を頂いた機能を追加
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■ver1.2.1(2012/11/16)
Ver1.2.0の不具合対応をいたしました。
・FD出力した申請データの一部が欠落してしまう不具合を解消
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■ver1.2.0(2012/11/12)
建築基準法施行令の改正(公布・施行:平成24年9月20日)により改正された、新様式に対応いたしました。
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■ver1.1.3(2012/08/28)
操作性の改善(お客様ご要望含む)とVer1.1.2の不具合対応をいたしました。
・申請書印刷で「副」をPFD出力した際のエラーを解消
・建築工事届 第4面の床面積入力の際に数値が変わる不具合を解消
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■ver1.1.2(2012/05/08)
操作性の改善(お客様ご要望含む)とVer1.1.1の不具合対応をいたしました。
・印刷帳票をPDFに変換機能を追加
・CD等へ記録した物件バックアップデータを読み込んだ際に発生するエラーを解消
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■ver1.1.1(2012/02/28)
操作性の改善(お客様ご要望含む)をいたしました。
・印刷帳票のレイアウト調整及び余白調整機能の追加
・入力漏れ等を防ぐエラーチェック機能の追加
・入力画面下部に操作ガイド及び入力内容説明を追加
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■ver1.1.0(2011/11/28)
操作性の改善(お客様ご要望含む)をいたしました。
・行政庁導入システム移行に伴い、FD申請データ形式を変更
・確認申請書(計画変更含む)の第一面に正・副 印刷分け機能を追加
・工事監理計画届、検査申請書第四面 工事監理の状況の入力方法を変更
・FD申請用の吐出し名称を変更(複数物件の上書き等の誤操作防止)
・建築工事届にその他の建築主を追加入力できるように変更
・建築工事届(第二面・第四面)主要用途の選択肢の表示方法を変更
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■バグ修正ver1.0.6(2011/09/20)
・Ver1.0.5の不具合対応
(過去バージョンで作成した委任状印刷時のエラー対応)
・その他バグ修正
計画変更確認申請書第5面の用途別床面積の用途の区分が印字されないバグ修正
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■バグ修正ver1.0.5(2011/08/29)
・月締め請求業者の対応(確認・検査申請書第1面への月締めコード、物件番号入力)
・委任状の工事種別「用途変更」「大規模の修繕」「大規模の模様替」の項目を追加
(バグ修正の内容)
・軽微な変更説明書の市町の印刷不具合解消
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■バグ修正ver1.0.4(2011/07/21)
・確認申請書(建築物)第三面の建築面積(建ぺい率の自動計算)欄を編集可能にしました。
・確認済みのバグを修正致しました。
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■バグ修正ver1.0.3(2011/05/30)
・確認申請書および検査申請書の一部レイアウト変更、共通マスタ機能強化など、使い勝手を改善いたしました。
・確認済みのバグを修正致しました。
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。

■バグ修正ver1.0.2(2011/04/28)
・確認済みのバグを修正致しました。
※詳しい修正内容につきましては、こちらをご確認ください。


■バグ修正ver1.0.1(2011/04/04)
・確認済みのバグを修正致しました。


■正式版ver1.0.0(2011/04/01)
・正式版をリリース致しました。


■ベータ版ver0.0.1(2011/03/09)
・ベータ版リリース

マニュアルダウンロード

UPDATE履歴

■改訂版マニュアルver1.3.3(2015/05/29)
・SPICAのバージョンアップに伴い、マニュアルの内容を更新いたしました。

■改訂版マニュアルver1.3.1(2014/3/31)
・SPICAのバージョンアップに伴い、マニュアルの内容を更新いたしました。

■改訂版マニュアルver1.3.0(2013/10/30)
・SPICAのバージョンアップに伴い、マニュアルの内容を更新いたしました。

■改訂版マニュアルver1.1.3(2012/08/28)
・一部動作との矛盾が生じていた為、マニュアルの内容を更新いたしました。

■改訂版マニュアルver1.1.2(2012/05/08)
・SPICAのバージョンアップに伴い、マニュアルの内容を更新いたしました。

■改訂版マニュアルver1.1.1(2012/02/28)
・SPICAのバージョンアップに伴い、マニュアルの内容を更新いたしました。

■改訂版マニュアルver1.0.3(2011/06/22)
・SPICAのバージョンアップに伴い、マニュアルの内容を更新いたしました。


■正式版ver1.0.0(2011/04/01)
・正式版インストールマニュアルおよび操作マニュアルをリリース致しました。


■ベータ版ver0.0.1(2011/03/09)
・ベータ版インストールマニュアルリリース

Q&A

Q1  SPICAを利用する為に、必要なPCの性能(スペック)はどのようなものでしょうか。

A1  開発元で奨励している動作環境がございます。詳しくは、下記をご覧ください。
■本体
・PentiumCPU(もしくはPentiumと完全互換のCPU) を搭載したパーソナルコンピュータ
(推奨 Pentium400MHz以上)
■動作対象OS(日本語版)
・WindowsXP SP3以上、WindowsVista SP1以上、Windows7、Windows8、Windows10
※但し、全ての環境での動作を保証するものではありません。
■メモリ
・512MB以上、WindowsVista以降は1GB以上推奨
■画像解像度
・1024×768ドット以上
■インストール時に必要なハードディスク空き容量
・500MB以上
■その他
・インターネット環境(最新プログラムのダウンロードに利用)
・Microsoft .NET Framework Version4.0のインストールが必要となります。.NET Frameworkの新規インストールには、別途280MB以上のハードディスク空き容量が必要となります。
・Adobe Readerのインストールが必要となります。

「Microsoft および Windows は、米国 Microsoft Corporation の、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。」
「Adobe Readerは、合衆国および/ またはその他の国におけるアドビ システムズ社の登録商標または商標です。」

Q2  Windows10への対応状況について教えてください

A2  2016.3.01
Windows10上でのSPICAの動作確認が完了し、SPICAが正常に動作することを確認しました。

Q3  今まで使用していた申プロ(ICBA作成)は使えなくなりますか。

A3  いいえ、引き続きICBA版の申プロでも申請が可能です。
但し、「申プロver.6.10」でのご申請が有効である場合に限ります。
ICBAでは既に申プロver.6.10の開発を終了しているため、法改正などにより申請書の内容に変更が加わることになりますと、ICBA版の申プロでのご申請をお受けできない場合もございます。予めご了承ください。

Q4  法改正などによる書式の変更が生じた場合、SPICAは対応していく予定ですか。 また、その際に新しいプログラムはどのように配布されるのでしょうか。

A4  SPICAは法改正などによる変更にも随時対応していく予定です。
プログラムの変更など、製品バージョンが変わる場合には、インターネットを経由して新しいプログラムを配布いたします。
また、SPICAは起動する度にバージョンアップ情報の有無を自動的に判断し、ご利用者様にお知らせいたしますので、対応し忘れるご心配もありません。

Q5  ICBAより、平成22年8月にリリースされた「新・申プロ」でメディア申請する事は可能ですか。

A5  はい、ご利用可能です。

ただし、センターでは、主にSPICAの利用をお願いしております。
SPICAでは、当センターでの確認検査業務の申請に最適化した書式を作成できます。
軽微変更届・確認申請記載事項変更届等の様式(センター様式)もSPICAで簡単に作成いただけます。

また、SPICAのご利用に費用は一切かかりません。永年無料でお使いいただけます。

その他、メリット・詳細については、コチラをご覧ください。
 是非、SPICAのご利用をお願いいたします。
  “SPICA(スピカ)ダウンロード”

Q6  SPICAは、他の確認検査機関でも申請できますか。

A6  静岡県内の特定行政庁においては対応しています。
申し訳ございませんが、他の指定確認検査機関においては、対応しておりません。

Q7  SPICAで、対応している書式を教えて下さい。

A7  「委任状、確認申請書(建築物・工作物・昇降機)、工事監理計画届、計画変更確認申請書(建築物・工作物・昇降機)、軽微な変更届、確認申請書記載事項変更届、確認申請書取り下げ届、計画廃止届、建築計画概要書、建築設備等設置計画書(エレベーター・エスカレーター・小荷物専用昇降機)、中間検査申請書、完了検査申請書、軽微な変更説明書、中間検査申請取り下げ届、完了検査申請取り下げ届、完了検査追加説明書、確認申請書の記載内容に係る調査書、し尿浄化槽(概要書・通知書)、シックハウス関連(第4面の別紙)、仮使用認定申請書」となります。
上記の書式は、当センターにご申請頂く際にご提出をお願いしている書式を全て網羅しておりますが、これ以外は対応しておりません。

Q8  ICBA版の申プロを取得する際の“支援金制度”については、引き続き利用できますか。

A8  SPICAの無料配布に伴い、ICBA版の申プロを新たに取得されるための支援金制度については、平成23年3月31日をもって終了致します。
平成23年4月1日以降に支援金の申請をお出し頂いてもお受け致しかねますので、ご了承ください。

Q9  他の確認申請書作成ソフトで作成したデータをSPICAに移すことは可能ですか。

A9  他のソフトで作成されたデータをSPICAに移行することはできません。
また、SPICAベータ版で作成された共通データに関しても、移行することはできません。

Q10  スピカで作成した、申請データを別のパソコンで読込むにはどうすればよいですか。

A10  >>詳細はこちらをご覧ください。

Q11  申請書の新規作成メニューで、「建築計画概要書」が表示されない為、作成出来ない。

A11  >>詳細はこちらをご覧ください。

Q12  入力したはずの内容が、帳票に印刷されない。(保存もされない)

A12  >>詳細はこちらをご覧ください。

Q13  確認申請書(建築物)を作成したいが、第四面・第五面・第六面の入力欄がありません。

A13  >>詳細はこちらをご覧ください。

Q14  建築工事届を作成したいが、第三面・第四面の入力欄がありません。

A14  >>詳細はこちらをご覧ください。

Q15  環境設定でデータの保存先を変更後、共通マスタの登録を行うとエラーが出てしまう。

A15  >>詳細はこちらをご覧ください。

Q16  申プロ(Ver6.10)で使用していた「短文登録」機能があると、都市計画法の適合証明等の入力の際に便利ですが、スピカでは同様の機能はありませんか。

A16  >>詳細はこちらをご覧ください。

Q17  Windows7で、入力画面の文字が途中で切れてし まっているため、見難い。

A17  >>詳細はこちらをご覧ください。

Q18  プレビューせずに印刷した際に、予め用紙サイズ等の設定 した内容を反映して印刷できない。

A18  >>詳細はこちらをご覧ください。

Q19  申請先の窓口でSPICAの申請書を修正したいのですが、どうすれば良いでしょうか。

A19  当センターの各事務所に設置しておりますお客様用のパソコンで、SPICAで作成して頂いたメディア申請データを読み込み、修正することが出来ます。詳しい操作方法については、こちらをご覧ください。

Q20  申請書を作りたいのですが、作成手順が良く分かりません

A20  新規物件の登録から申請書印刷までの操作方法の詳細についてはこちらをご覧ください。

Q21  共通マスタを誤って登録してしまいましたが、削除方法がわかりません

A21  スピカの画面左側 共通マスタ管理ボタンをクリックし、登録項目欄で、削除されたい項目(例)『工事監理の状況』を選択してください。
⇒変更画面が表示されますのでこちらで、変更や削除が出来ます。

Q22  検査の申請書を作成したいが、作成済の確認申請書を利用できませんか

A22  作成済みの申請書の情報を利用して、新たな申請書を作成することが可能です。
詳しくはこちらをご覧下さい。

Q23  工事監理計画届・工事監理の状況(検査申請書第四面)のパターンマスタ選択とは何でしょうか?

A23  >>詳細はこちらをご覧ください。

Q24  物件管理画面に表示される件数が増えてきたため、目的の物件を探すのが大変になってきました。スピカの機能である抽出を効果的に使って、物件を効率良く探す方法はありませんでしょうか?

A24  >>詳細はこちらをご覧ください。

Q25  入力文字数の制限により、文字入力が出来ない場合はどうすれば良いですか?

A25  >>詳細はこちらをご覧ください。



お問い合わせ・アイディア提案へ



gotop